Green Hill Music Chart 2022 第42節結果

2022シーズン第42節(9月12日~9月18日)結果

 

 今季のルールについてはこちらをご覧ください。

amano-yuuki.hatenablog.jp

 

 また、このチャートで用いているBillboard Japanのダウンロードストリーミングルックアップの要素を含め、Billboard Japan全体の仕様解説も掲載しておりますので、併せてご覧いただければと思います。

amano-yuuki.hatenablog.jp

 

 それでは第42節の結果です。まずは11位以下を発表します。

2022 Round 42 Result

 今週は31曲がポイントを獲得。「W / X / Y」は7週間ぶりにダウンロードでポイントを獲得し6ランクアップ。ダウンロードのトップ10入りは5度目となる(ストリーミングは30週目)。

 11位以下は21曲と多いが初登場は2曲のみ。アプリゲーム「Heaven Burns Red」から「Goodbye Innocence」が13位。来年リリース予定のゲーム「ストリートファイター6」日本版イメージソング「恋しさと せつなさと 心強さと 2023」が22位に入った。原曲は1994年にリリースされ、アニメ映画「ストリートファイターII MOVIE」主題歌として200万枚(オリコン調べ)を超える売り上げを記録している(2005年4月から始まったダウンロード販売でも25万DLを超えている)。

 

 つづきましてトップ10の発表です。

2022 Round 42 Top 10

 ストリーミングで「ウタカタララバイ」と「逆光」の順位が入れ替わり前者は6位に浮上。劇中の印象もチャートに影響を及ぼしているか。

 初登場は3曲。「かくれんぼ」「ドライフラワー」の続きとなる「おにごっこ」が7位。映画「沈黙のパレード」主題歌「ヒトツボシ」がダウンロードで週間首位を獲得し4位。ドラマ「新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~」主題歌「TraceTrace」が3位に入った。またKing & Princeはリリース効果で旧譜のルックアップも再浮上している。

 首位争いは「新時代」がダウンロードで首位から後退したもののポイントの減少を最小限で切り抜けこれで7週連続の1位。「私は最強」も3週連続2位で1・2体制を維持している。また「新時代」は年間ランキングでもベスト5入りが目前となった。

 

 それでは今週の結果を受けて、アーティストランキング上位40組はこのようになりました(ポイントの増減に伴う順位変動に対し赤文字青文字表記)。

Artist Ranking 22-42

 トップ10では今週も52Pt.を獲得したAdoが2つ順位を上げ2位に浮上。首位King Gnuとは118Pt.差で、ここに来て思わぬ大逆転が現実味を帯びてきた。

 またKing & Princeも今週24Pt.獲得で10位に浮上。8位SixTONESとは差があるものの、9位back numberは目前で、こちらも来週順位が動きそうです。

 

 その他、現在の曲別暫定年間ランキングはこちらからご覧ください。

amalabel.g3.xrea.com

 以上が第42節のチャートでした。来週もチャートもぜひご覧ください。

Green Hill Music Chart 2022 第41節結果

2022シーズン第41節(9月5日~9月11日)結果

 

 今季のルールについてはこちらをご覧ください。

amano-yuuki.hatenablog.jp

 

 また、このチャートで用いているBillboard Japanのダウンロードストリーミングルックアップの要素を含め、Billboard Japan全体の仕様解説も掲載しておりますので、併せてご覧いただければと思います。

amano-yuuki.hatenablog.jp

 

 それでは第41節の結果です。まずは11位以下を発表します。

2022 Round 41 Result

 今週は30曲がポイントを獲得。再登場を含め8曲が前節からポイントを伸ばしているが、ストリーミングでポイントを伸ばした「Talk that Talk」は一気に10ランクアップの17位。更に順位を伸ばせるか。

 初登場は3曲。アプリゲーム「Heaven Burns Red」から「War Alive〜時にはやぶれかぶれに〜」が15位に入った。

 

 つづきましてトップ10の発表です。

2022 Round 41 Top 10

 8位に「UUUU」が再登場。2日に映画が公開され、ダウンロードでの販売もスタート。同映画からは18位の「SAMURAIZM」と27位「Ready to be a Lady」もチャートインした。

 初登場は2曲。実に16年ぶりの新曲となった「Mountain Top」が5位。ドラマ「トモダチゲームR4」主題歌「Trust Me, Trust You.」が4位に入った。

 今週はベスト3に変動無し。「新時代」はこれで6週連続1位と順調にポイントを重ねている。今週は「私は最強」がポイントを伸ばし1・2体制を更に強固なものとした。また「ミックスナッツ」は累計400Pt.が目前。来週からはダウンロードもリカレント・ルールの対象となるが、現在年間暫定1位の「残響散歌」にどれだけ近づけるか。

 

 それでは今週の結果を受けて、アーティストランキング上位40組はこのようになりました(ポイントの増減に伴う順位変動に対し赤文字青文字表記)

Artist Ranking 22-41

 トップ10ではSnow Manが5位に後退。これでAdoが4位に浮上し、3位Aimerとも2.5Pt.差まで縮まった。2位Official髭男dismとも41Pt.差であり、来週一気に2位まで上がる可能性があるだろう。

 

 その他、現在の曲別暫定年間ランキングはこちらからご覧ください。

amalabel.g3.xrea.com

 以上が第41節のチャートでした。来週もチャートもぜひご覧ください。

Green Hill Music Chart 2022 第40節結果

2022シーズン第40節(8月29日~9月4日)結果

 

 今季のルールについてはこちらをご覧ください。

amano-yuuki.hatenablog.jp

 

 また、このチャートで用いているBillboard Japanのダウンロードストリーミングルックアップの要素を含め、Billboard Japan全体の仕様解説も掲載しておりますので、併せてご覧いただければと思います。

amano-yuuki.hatenablog.jp

 

 それでは第40節の結果です。まずは11位以下を発表します。

2022 Round 40 Result

 今週は28曲がポイントを獲得。「わたし」はルックアップで順位を上げ累計を3ケタに乗せた。「After LIKE」は2週目でストリーミングがトップ10入り。トップ10に定着しポイントを重ねられるか?

 初登場は5曲。アニメ「アオアシ」第2クール主題歌「Presence」が13位。「ヒプノシスマイク」どついたれ本舗のソロ楽曲を集めたCDが14位。日本では約2年ぶりのシングルリリースとなった「GOOD BOY GONE BAD」が24位。アプリゲーム「Heaven Burns Red」から「オーバーキル」が25位。ミニアルバム「BETWEEN 1&2」のリードナンバー「Talk that Talk」が登場2週目でポイント獲得となった。また「Start Over」、「ブラザービート」が再登場となっている。

 

 つづきましてトップ10の発表です。

2022 Round 40 Top 10

 シングルCDをリリースした「好きというのはロックだぜ!」が4位まで上昇。また「ミックスナッツ」も順位を上げ3位となったが、ストリーミングでの週間トップ10入りが20週に達したため、来週からはリカレント・ルール(ストリーミングのみ獲得ポイントが半減)が採用される。

 トップ10への初登場は1曲のみ。ドラマ「魔法のリノベ」主題歌の「チノカテ」が8位。この曲は文学作品「地の糧」(1897年、アンドレ・ジッド著)をモチーフとした楽曲となっている。

 首位争いは前節2位の「Password」が案の定ランク外に消え、ポイントを維持した「私は最強」が2位に再浮上。そして今週も「新時代」が盤石の体勢で首位を守りこれで5週連続1位となった。今週も「ONE PIECE FILM RED」の楽曲がトップ10に4曲入り、まだまだ勢いは続きそうだ。

 

 それでは今週の結果を受けて、アーティストランキング上位40組はこのようになりました(ポイントの増減に伴う順位変動に対し赤文字青文字表記)

Artist Ranking 22-40

 トップ10では今週も60Pt.と大量得点となったAdoが2つ順位を上げ5位に浮上。4位Snow Manとの差も僅かで、この勢いはどこまで続くのか。

 またBTSがトップ10から脱落しLiSAがトップ10に復帰。ただLiSAも再来週から昨年のポイントを失い始めるため、10位争いは混沌としそうだ。

 

 その他、現在の曲別暫定年間ランキングはこちらからご覧ください。

amalabel.g3.xrea.com

 以上が第40節のチャートでした。来週もチャートもぜひご覧ください。

Green Hill Music Chart 2022 第39節結果

2022シーズン第39節(8月22日~8月28日)結果

 

 今季のルールについてはこちらをご覧ください。

amano-yuuki.hatenablog.jp

 

 また、このチャートで用いているBillboard Japanのダウンロードストリーミングルックアップの要素を含め、Billboard Japan全体の仕様解説も掲載しておりますので、併せてご覧いただければと思います。

amano-yuuki.hatenablog.jp

 

 それでは第39節の結果です。まずは11位以下を発表します。

2022 Round 39 Result

 今週は26曲がポイントを獲得。今週はストリーミングで順位を上げた「W / X / Y」と「ダンスホール」が再浮上。またアルバムのリリースにより「a r e a」が4週ぶり、また「花の塔」が5週ぶりの再登場となった。

 初登場は5曲。今週のCDリリースに先立ち配信が開始された「好きというのはロックだぜ!」が12位。アプリゲーム「Heaven Burns Red」から「Light Years」が20位。「ラブライブ!サンシャイン!!」のAqours初音ミクによるコラボ曲「BANZAI! digital trippers」が24位。4ヶ月ぶりの新曲となった「After LIKE」が25位。「劇場版 うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVEスターリッシュツアーズ」より「UUUU」が26位に入った。

 

 つづきましてトップ10の発表です。

2022 Round 39 Top 10

 「ウタタカララバイ」が再びトップ10入り。前節からポイントを維持し順位を取り戻した。

 初登場は2曲。アニメ「メイドインアビス 烈日の黄金郷」主題歌「かたち」が8位(歌手名は「あづなりこ」)、映画「アキラとあきら」主題歌「ベルベットの詩」が4位に入った。

 首位争いはCDをリリースした「Password」が再登場(2週前にストリーミングで初登場)で2位に入ったものの首位には届かず。「新時代」がこれで4週連続1位となった。また今週も「ONE PIECE FILM RED」の楽曲がトップ10に4曲入っており、引き続き強さを見せつけている。なお「新時代」の週間ストリーミング数は若干落ちたものの、1758万再生は歴代8位の記録となり、リリース12週目で早くも1億再生を達成した。

 

 それでは今週の結果を受けて、アーティストランキング上位40組はこのようになりました(ポイントの増減に伴う順位変動に対し赤文字青文字表記

Artist Ranking 22-39

 トップ10では今週も62Pt.をマークしたAdoが7位に浮上。このペースだと来週は4位のSnow Manに近づくか、あるいは抜き去るかと言ったところまで行きそうだ。この勢いはどこまで続くのか。

 

 その他、現在の曲別暫定年間ランキングはこちらからご覧ください。

amalabel.g3.xrea.com

 以上が第39節のチャートでした.

 

 今週のチャートで今季の3/4が終了。ここで改めて現在の暫定年間ランキングを見てみましょう。まずは楽曲部門です。

2022 season songs ranking (39/52)

 暫定首位の「残響散歌」を「ミックスナッツ」が追う展開となっていますが、「ミックスナッツ」はダウンロードとストリーミングがあと1週でリカレント・ルール対象となってしまうため、逆転するには厳しい差と言えます。これはダウンロードとストリーミングの部門別年間争いも同様で、ダウンロードは「残響散歌」、ストリーミングは「ベテルギウス」がこのまま逃げ切ると見られます。

 ルックアップの年間ランキングは「初心LOVE」が現状唯一第1節から連続でチャートインを続けており、このまま逃げ切るでしょう。また部門2位にも同じなにわ男子の「The Answer」が上がり、この部門での1・2位独占をほぼ確実なものとしたようです。

 

 つづいてアルバムの暫定年間ランキングです。

2022 season album ranking (39/52)

 「ウタの歌 ONE PIECE FILM RED」リリースにより「狂言」も再びポイントを重ねているものの、「THE BOOK 2」には至らない見込みで、こちらも年間1位はほぼ決まったような感じです。部門別でも「THE BOOK 2」が両部門1位、「狂言」が2位となりそうで、今季を代表するアルバムと言えるでしょう。

 

 シーズンは残り1/4です。果たしてどのような展開が待っているのか。来週のチャートもぜひご覧ください。

Green Hill Music Chart 2022 第38節結果

2022シーズン第38節(8月15日~8月21日)結果

 

 昨シーズンから導入した「リカレント・ルール」について、今季は仕様変更を行い獲得ポイントについても制限を設けました。詳しくはリンクをご覧ください。

amano-yuuki.hatenablog.jp

 

 また、このチャートで用いているBillboard Japanのダウンロードストリーミングルックアップの要素を含め、Billboard Japan全体の仕様解説も掲載しておりますので、併せてご覧いただければと思います。

amano-yuuki.hatenablog.jp

 

 それでは第38節の結果です。まずは11位以下を発表します。

2022 Round 38 Result

 今週はここ最近ではやや少ない25曲がポイントを獲得。「初心LOVE」がポイントを上げており、現在年間暫定4位の「ベテルギウス」とは8Pt.差になっている。なお現状、第1節から唯一チャートインを続けている曲となる。

 初登場は5曲。アプリゲーム「Heaven Burns Red」から「Pain in Rain」が13位。アニメ「ラブライブ!スーパースター!!」挿入歌「Welcome to 僕らのセカイ」が16位。アニメ「風都探偵」挿入歌「W-G-X 〜W Goes Next〜」が18位。9ヶ月ぶりのシングルとなった「ピグマリオン」が25位に入った。またアルバム「音楽」のリリース効果により「LOSER」が7週ぶりに再登場となった。

 

 つづきましてトップ10の発表です。

2022 Round 38 Top 10

 「星の墓標」がポイントを伸ばしトップ10入り。「Heaven Burns Red」からは今週2曲がチャートインした。

 トップ10内での初登場は5位の「Two as One」1曲のみ。ドラマ「NICE FLIGHT!」主題歌となっている。

 前節大挙ランクインしてきた「ウタの歌 ONE PIECE FILM RED」の楽曲は「世界のつづき」も22位に入り7曲全てがチャートイン。今週は「ウタタカララバイ」に代わり「Tot Musica」がトップ10入り。そしてベスト3はウタにより独占され「新時代」が3週連続1位となった。なお「新時代」のストリーミング数は前週を上回る1875万再生を記録し、これは歴代5位の週間再生数となる。映画の評判は特に旧来のファンから否定的な意見が多いものの爆発的なヒットを記録しており、その勢いは音楽チャートにまで表れている。

 

 それでは今週の結果を受けて、アーティストランキング上位40組はこのようになりました(ポイントの増減に伴う順位変動に対し赤文字青文字表記)

Artist Ranking 22-38

 トップ10ではなにわ男子が2つ順位を上げ5位に浮上。現在ジャニーズ勢では最上位となる4位Snow Manも現在ポイントを重ねているため、この差はなかなか差は詰まらないだろう。

 そして今週75Pt.の荒稼ぎとなったAdoが一気に8位まで浮上。7位SixTONESとは56.75Pt.差だが、この勢いだと一気に突き抜ける可能性もあるだろう。

 

 

 その他、現在の曲別暫定年間ランキングはこちらからご覧ください。

amalabel.g3.xrea.com

 以上が第38節のチャートでした。来週もぜひご覧ください。

 

お知らせ:

 今季上半期表彰となります「Green Hill Music Camp 2022」を発表しました。以下のリンクからご覧ください。

 

amano-yuuki.hatenablog.jp

 

amano-yuuki.hatenablog.jp

 

amano-yuuki.hatenablog.jp

Green Hill Music Chart 2022 第37節結果

2022シーズン第37節(8月8日~8月14日)結果

 

 昨シーズンから導入した「リカレント・ルール」について、今季は仕様変更を行い獲得ポイントについても制限を設けました。詳しくはリンクをご覧ください。

amano-yuuki.hatenablog.jp

 

 また、このチャートで用いているBillboard Japanのダウンロードストリーミングルックアップの要素を含め、Billboard Japan全体の仕様解説も掲載しておりますので、併せてご覧いただければと思います。

amano-yuuki.hatenablog.jp

 

 それでは第37節の結果です。まずは11位以下を発表します。

2022 Round 37 Result

 今週は30曲がポイントを獲得。前節チャートインしていた曲でポイントを伸ばした曲はここには無く、旧譜は新曲に押し出される形となっている。

 初登場は7曲と多め。アプリゲーム「Heaven Burns Red」から「星の墓標」が14位。ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2022で披露された「BF is...」が21位。ゲーム「アイドルマスター シャイニーカラーズ」から「VERY BERRY LOVE」が22位。今週のルックアップ初登場ではこのシングルが最上位となる。アニメ「異世界おじさん」主題歌「story」がリリース2週目でポイント獲得。アニメ「ラブライブ!スーパースター!!」エンディング曲「追いかける夢の先で」が27位に入った。

 

 つづきましてトップ10の発表です。

2022 Round 37 Top 10

 「わたし」がルックアップのポイントを再上昇させトップ10復帰。今週で10週目だが高いポイントを維持している。

 初登場は3曲。キャラクターの誕生日合わせでリリースされた「Intimate Distance」が5位に入った。

 首位争いは「ミックスナッツ」が盛り返し19Pt.まで伸ばすも、「新時代」は20Pt.をキープし首位の座をキープした。「新時代」は週間ストリーミング数で今季最高、歴代でも7位となる1717万再生を記録し他を圧倒した。

 また今週は「ONE PIECE FILM RED」内で使用された楽曲を集めたアルバム「ウタの歌 ONE PIECE FILM RED」がリリースされ、収録されている7曲のうち6曲がチャートイン。トップ10に5曲が入りウタがチャートを支配する形となった。

 

 それでは今週の結果を受けて、アーティストランキング上位40組はこのようになりました(ポイントの増減に伴う順位変動に対し赤文字青文字表記)

Artist Ranking 22-37

 トップ10では昨年のポイントを失っているBTSが9位に後退。これでback numberが8位に順位を上げた。なお7位なにわ男子が6位SixTONESに接近。来週にも順位が入れ替わりそうです。

 今週56Pt.と荒稼ぎしたAdoは一気に11位まで浮上。10位LiSAとは0.5Pt.差ですぐにでも逆転が出来る位置にいる。どこまで順位を伸ばせるか。

 

 その他、現在の曲別暫定年間ランキングはこちらからご覧ください。

amalabel.g3.xrea.com

 以上が第37節のチャートでした。来週もぜひご覧ください。

 

お知らせ:

 今季上半期表彰となります「Green Hill Music Camp 2022」を発表しました。以下のリンクからご覧ください。

 

amano-yuuki.hatenablog.jp

 

amano-yuuki.hatenablog.jp

 

amano-yuuki.hatenablog.jp

今後の同人活動について(22.08.12)

 同人サークル“天”レーベルの今後の活動についてです(2022.09.15更新)。

 

 当初、11月6日に行われる「おもしろ同人誌バザール神保町本店2022」にサークル参加予定でしたが、スケジュールの都合により参加を見合わせました。当日は一般参加する見込みです。

 

 その代わり、10月1日から11月13日まで東急ハンズ町田店で行われる「おもバザハンズ町田」への出品を行います。審査が通りましたら案内する予定です。

 

 なお明日から行われるコミックマーケット100については抽選漏れとなっております。次回コミックマーケット101はサークル参加予定です。