「BBBB」1強となった今年の上半期ヒット曲、となると2位以下は?

 毎度“”ブログをご覧いただきありがとうございます。

 

 “天”ブログでは今年も併載しているGreen Hill Music Chartと合同で、今年度上半期のヒット曲を振り返る「Green Hill Music Camp 2024」を開催予定となっており、昨年下半期から今年上半期の変則年間ランキングから選出した「Music Review 2023-2024」を6月22日。上半期ランキングから過去に上半期、年間表彰を受けていない歌手による「Music Trial 2024」を6月28日、本編となる「Music Camp 2024」を翌29日に発表する予定です。

 選考基準については以下のリンクを参照してください。

amano-yuuki.hatenablog.jp

 

 今回はそれに先立ち、Green Hill Music Chart、およびBillboard Japanの上半期ランキングから、今季ここまでのヒット曲を振り返ってみようと思います(集計対象:2023年12月6日~2024年5月29日に発表された週間チャート26週間分)。

 

 それではまず、Green Hill Music Chartの第26節(上半期終了)時点の暫定年間ランキングベスト50を改めてご覧ください。

 このような結果となっており、「Bling-Bang-Bang-Born」(以下「BBBB」)が上半期時点での年間暫定1位となっている。この曲はMVの公開を遅らせたため、ビデオストリーミングでのポイントは部門3位となっているが、ダウンロードでは2位の「晴る」に対し倍近いポイントを重ね、オーディオストリーミングでも「晩餐歌」を上回り部門1位となっている。

 近年上半期ランキングでは前年度からのヒット曲が、年末の大型音楽番組の効果もありそのまま1位に残るケースが多いが、今年度は今年に入ってからリリースした「BBBB」が上半期1位になったため、近年とは違い「今年のヒット曲」としてのイメージが強そうに思える。Green Hill Music Chartが現行仕様となった2020年度以降の上半期時点年間暫定1位の曲は以下の通り。

 

【2020年度以降の上半期1位】

2020:「紅蓮華」(Billboard Japanは「Pretender」)

2021:「ドライフラワー

2022:「残響散歌」

2023:「Subtitle」

 

 このうち「残響散歌」は年度内でのリリースとなっているが、前年末に先行配信されており、完全に年を越してからのリリース曲が上半期1位となるのはこの5年間では初となる。となると、逆に前年度から引き続き上位にいた曲がそれ程強くなかったのか、ともなるがそうでもない。「晩餐歌」はビデオストリーミングで部門1位となり、週間チャートでは唯一26週を完走している。「唱」も3要素全てで5位以内に入り、週間チャートでは前年度から続いた連続1位記録を17まで伸ばしシーズン序盤をリードした。なお、上半期時点で週間チャート1位となったのは、この上半期ベスト3の3曲のみとなっている(「唱」7週、「晩餐歌」6週、「BBBB」13週)。

 ベスト10の中で年度内リリースの曲をピックアップすると、ドラマ「Eye Love You」主題歌の「幾億光年」が躍進を見せ4位。Number_iとして再出発となった「GOAT」が、ダウンロード売上に疑問が残る部分があるものの9位に入り、ランクイン7週ながら10位に食い込んできた「ライラック」が続く形になった(なお11位の「さよーならまたいつか!」も「ライラック」と同ポイントだが、Hot 100上半期ランキングの順位により差が生じている)。

 

 ここからは要素別に見ていきたいが、ダウンロードはCD売上のランキングほどではないにしろ、市場規模の衰退もあって入れ替えの激しいランキングとなっているが、月額性のサブスクとは異なる客層のランキングとも言えるため、アニメ主題歌が強いなど独自性がここ数年で目立ち始めている。部門2位は上記でも触れた「晴る」。アニメ主題歌で言えば「BBBB」の他、「花になって」や「FREEDOM」、「SOULSOUP」が部門トップ10に食い込んでいるが、部門10位の「SOULSOUP」が37Pt.でしかないところが、上位キープの難しさを物語っている。ただ全体上位を見るとダウンロードでポイントが無い曲は見られず、傾向としてはまず初動週でダウンロード上位に入り、その後オーディオストリーミングの順位が付いてくる曲が全体上位に食い込んでいる曲と言えるだろう。

 一方オーディオストリーミングはキャンペーン効果による一時的な再生数の急騰を除けば順位の維持し易い傾向が強く、上半期ランキングを見ても全体8位の「ケセラセラ」までがオーディオストリーミングで部門トップ10に入っており、重要度はBillboard Japanほど高くは無いが、ここでのポイントが上位の順位に影響している事は間違えない。全体トップ10外で部門10位以内は「タイムパラドックス」と「Magnetic」。特に「タイムパラドックス」は今年に入ってからのリリースでポイントがオーディオストリーミングのみだが、全体では15位と高い順位となっている(アニメ主題歌ではあるが、ダウンロードでポイントが無いもの特徴)。また「Magnetic」も今年デビューした(日本人2人を含む)K-POPグループ、ILLITの曲でありここまで健闘を見せている。

 ビデオストリーミングは傾向としてダウンロードとオーディオストリーミングの中間ぐらいの位置付けであり、無料ユーザーの影響力がオーディオストリーミングより高いためと見られている。全体トップ10を見ても総じてポイントが高いが独自性も強く、VTuber星街すいせいの「ビビデバ」や、TikTokでの投稿から人気となった「鬼ノ宴」が部門別トップ10に食い込んでいる。特に「ビビデバ」は全体でも14位と高い順位を記録。VTuberでは昨年、しぐれういの「粛聖!! ロリ神レクイエム☆」が思わぬヒットとなったが、それ以上の結果を残しVTuberがヒットチャートで新たに存在感を見せつつあるようだ。一方この部門では存在感を示していたSTARTO(旧:ジャニーズ)勢は、「LOVE TRIGGER」が部門8位に入ったのみ。組織の再編成により体勢が整わず、リリースがままならなかったため下半期で巻き返す可能性もあるが、非ジャニーズ系日本人ボーイズグループに対する活動の抑制が解けた影響が出ている可能性もあるだろう。

 

 

 なおBillborad Japanの2024年上半期ランキングについてはこちらをご覧ください。

www.billboard-japan.com

 

 

 今年の上半期ランキングを今季リリースの曲を中心にお届けしましたがいかがだったでしょうか。これらの結果を基に、来週、再来週の「Green Hill Music Camp 2024」の発表をお待ちいただければと思います。

 

Green Hill Music Chart 2024 第28節結果

 このチャートで用いているBillboard Japanのダウンロードオーディオストリーミングビデオストリーミングの要素を含め、Billboard Japan全体の仕様解説も掲載しておりますので、併せてご覧いただければと思います。

amano-yuuki.hatenablog.jp

 

 それでは第28節の結果です。まずは11位以下を発表します。

2024 Round 28 Result

 今週は26曲がポイントを獲得。「I wonder」がオーディオストリーミングで初の週間トップ10入りを果たしポイントを伸ばした。再登場では「青と夏」が昨年の第41節以来、実に9ヶ月ぶりのチャートイン。「WE ARE」はMVが公開され8週ぶりのチャートインとなった。なお今週リリースされる予定だったシングルCDは7月24日に延期されている。

 ここでの初登場は5曲。先週末公開された「劇場総集編ぼっち・ざ・ろっく! Re:」から「月並みに輝け」が12位タイ、「今、僕、アンダーグラウンドから」が25位タイ。ドラマ「ブルーモーメント」挿入歌「Perfect Storm」が18位。今月リリースされるアルバム「只者」からの先行配信となった「NOW」が20位に入った(6月1日リリースながら今週初登場扱いとなっているため、先日のB'z同様iTunes類推分と見られる)。

 

 つづきましてトップ10の発表です。

2024 Round 28 Top 10

 「夢幻」と「hanataba」はシングルCDがリリースされ、その影響でダウンロード売上が反発。「hanataba」は3週ぶりのチャートインとなる。

 トップ10の初登場は2曲。BTSのデビュー日(FESTA)に合わせリリースされた「Never Let Go」がダウンロードで1位となり6位に。今月リリースのシングルから「自業自得」が5位に入った。ただしストリーミング再生数はキャンペーンを行っているLINE MUSICが大多数となっている。

 今週から「Bling-Bang-Bang-Born」はダウンロードとオーディオストリーミングでリカレント・ルールが適用され、その影響で「Magnetic」、「幾億光年」、「ライラック」はオーディオストリーミングでポイントを伸ばした。この中でも「幾億光年」が復調し、それ以外でもポイントを伸ばしベスト3に復帰。ただその中でも「Bling-Bang-Bang-Born」は首位を譲らず、これで15週連続1位。リカレント・ルール適用後に週間1位になったのは、これが初となる。年間の獲得ポイントも500を超え、どこまでこの記録を伸ばせるだろうか。

 

 では今週の結果を受けて、アーティストランキング上位40組はこのようになりました(ポイントの増減に伴う順位変動に対し赤文字青文字表記)。

Artist Ranking 24-28

 今週もトップ10は変動無し。先週お伝えした10位争いは、Jung Kookを含め二桁ポイントを積み上げ動き無し。一方で今週も12Pt.を重ねたNumber_iは1つ順位を上げ12位BE:FIRSTにも接近。次節開始時点ではNumber_iが上回る事となった。

 

 その他、現在の曲別暫定年間ランキングはこちらからご覧ください。

amalabel.g3.xrea.com

 以上が第28節の結果でした。来週のチャートもぜひご覧ください。

Green Hill Music Chart 2024 第27節結果

 このチャートで用いているBillboard Japanのダウンロードオーディオストリーミングビデオストリーミングの要素を含め、Billboard Japan全体の仕様解説も掲載しておりますので、併せてご覧いただければと思います。

amano-yuuki.hatenablog.jp

 

 それでは今週から今季下半期に入る第27節の結果です。まずは11位以下を発表します。

2024 Round 27 Result

 今週は22曲がポイントを獲得。「ケセラセラ」、「I wonder」、「Supernova」がオーディオストリーミングでポイントを伸ばし、「Supernova」は2週ぶりのチャートインとなった。

 ここでの初登場は3曲。7月リリースのアルバム「残夢」からの先行配信となった「MIRROR」が16位。この週リリースされたアルバム「DEPARTURE」のリードトラック「NINNIN JACK」が18位。同じくこの週リリースされた3A面シングルから「灰toダイヤモンド」が20位に入った。

 

 つづきましてトップ10の発表です。

2024 Round 27 Top 10

 トップ10の初登場も3曲。この週にリリースされたシングル「HITCHHIKER」のリードナンバー「Love seeker」が7位。ジョージア(コーヒー)のCMソングとなっている「毎日」が4位。この週リリースされたアルバム「No.O -ring-」リードナンバー「BON」が2位に入った。ただし「Love seeker」と「BON」はダウンロード売上でキャンペーン効果が大きく出ている可能性がある。

 今週は新曲のリリース効果があり、Number_iは「GOAT」が3週ぶりにチャートイン。米津玄師も「さよーならまたいつか!」が5位に順位を伸ばし新曲と4位、5位を占める結果となっている。そんな中、今週も「Bling-Bang-Bang-Born」が首位を守り、これで14週連続1位となった。ただ今週でダウンロードとオーディオストリーミングの週間トップ10入りが20週に到達したため、来週以降は獲得ポイントが半減する(ビデオストリーミングは今週で12週目)。これにより上位争いは混沌としたものとなりそうだ。

 なお14週間1位はOfficial髭男dism「I LOVE…」、「Subtitle」に並ぶ、現行仕様のチャートとなった2020年度以降では4位タイの記録となる。

 

 では今週の結果を受けて、アーティストランキング上位40組はこのようになりました(ポイントの増減に伴う順位変動に対し赤文字青文字表記)。

Artist Ranking 24-27

 今週もトップ10は変動無し。ただ11位に上がった米津玄師が10位Omoinotakeに接近。来週順位が入れ替わる可能性があります。今週25Pt.を稼いだNumber_iも2つ順位を上げ14位に浮上。12位BE:FIRSTまでは射程圏内に入ったか。

 

 

 その他、現在の曲別暫定年間ランキングはこちらからご覧ください。

amalabel.g3.xrea.com

 以上が第27節の結果でした。来週のチャートもぜひご覧ください。

Green Hill Music Chart 2024 第26節結果

 このチャートで用いているBillboard Japanのダウンロードオーディオストリーミングビデオストリーミングの要素を含め、Billboard Japan全体の仕様解説も掲載しておりますので、併せてご覧いただければと思います。

amano-yuuki.hatenablog.jp

 

 それでは今季上半期最終週となります第26節の結果です。まずは11位以下を発表します。

2024 Round 26 Result

 今週は24曲がポイントを獲得。ビデオストリーミングで順位を上げた「Masterplan」はCDTVライブ!ライブ!に出演した際の映像が公開された影響によるものと見られる。また「会いに行くのに」が3週ぶりに再登場。シングルCDがリリースされ、改めてダウンロードでの売上が伸びたようだ。

 ここでの初登場は3曲。両A面シングルとしてリリースされた「moooove!!」が13位。アニメ「鬼滅の刃 柱修行編」エンディング曲「永久 -トコシエ-」が15位。アニメ映画「好きでも嫌いなあまのじゃく」主題歌「嘘じゃない」が22位に入った。

 

 つづきましてトップ10の発表です。

2024 Round 26 Top 10

 「ビビデバ」が再びビデオストリーミングで2位に浮上。再生数は安定しており、まだしばらく上位に踏みとどまりそうな感じとなっている。なお「Get Wild」はダウンロードで2週連続2位だが、今週はiTunes類推分により高めに数字が出ているものと見られる。

 トップ10の初登場は2曲。「moooove!!」と共に初となる楽曲配信を行ったドラマ「東京タワー」主題歌、「halfmoon」がダウンロードで1位となり5位に入った。

 上位争いには「Dear」がいきなり2位に初登場。来月公開の映画「ディア・ファミリー」の主題歌となっている。しかし「Bling-Bang-Bang-Born」は首位を守り、これで13週連続1位。今季の第2四半期において週間首位を独占する結果となった。

 

 では今週の結果を受けて、アーティストランキング上位40組はこのようになりました(ポイントの増減に伴う順位変動に対し赤文字青文字表記)。

Artist Ranking 24-26

 今週はトップ10に変動は無し。ただし3位のミセスが大量得点で2位のAdoに近づきつつある。なお「唱」のポイントが減り始めるのは第41節(9月)以降となり、まだしばらく時間はある。

 冒頭でも触れた通り、今週で今季の上半期が終了。今季の主役たちが上位に入りつつあるが、これがこれ以降どう動くか。

 

 その他、現在の曲別暫定年間ランキングはこちらからご覧ください。

amalabel.g3.xrea.com

 以上が第26節の結果でした。ここで上半期終了時点での楽曲別ランキングベスト50を紹介します。あなたのお気に入りは入っているでしょうか?

2024 1st harf Best 50

 

 それでは来週のチャートもぜひご覧ください。

Green Hill Music Chart 2024 第25節結果

 このチャートで用いているBillboard Japanのダウンロードオーディオストリーミングビデオストリーミングの要素を含め、Billboard Japan全体の仕様解説も掲載しておりますので、併せてご覧いただければと思います。

amano-yuuki.hatenablog.jp

 

 それでは第25節の結果です。まずは11位以下を発表します。

2024 Round 25 Result

 今週は24曲がポイントを獲得。「鬼ノ宴」は3週ぶり、「オーバーライド」は4週ぶりのチャートイン。後者はビデオストリーミングで初の週間トップ10入りとなった。

 ここでの初登場は4曲。BTSのRMによるソロ楽曲「Come back to me」がリリース2週目で初登場。初のフルアルバム「Armageddon」からの先行配信となる「Supernova」が15位。3月のデモ公開以降話題となっていた「初恋キラー」が今月8日にリリースされ、こちらもリリース2週目で初登場。ドラマ「くるり〜誰が私と恋をした?〜」主題歌「I wonder」がリリース5週目にして初登場。先週Mステに初出演し披露されたのも影響してそうだ(余談だが、Da-iCEが今までMステに出られなかったのは、旧ジャニーズによる迫害によるものと疑われている。当時1億ストリーミングを達成していた曲はほとんどMステに出演できており、迫害が無ければCITRUS」の時に出られていたため、レコ大での大賞受賞時の炎上はジャニーズが遠因と見らえている)。

 

 つづきましてトップ10の発表です。

2024 Round 25 Top 10

 「晩餐歌」が3要素ともポイントを伸ばし5位に再浮上。ダウンロードも週間トップ10入りが17週目で、こちらもリカレント・ルール適用となる20週が近づいている(ストリーミング2要素は既に適用済)。また「メズマライザー」は1つ順位を落としているが、ビデオストリーミングでは1つ順位を上げている。

 トップ10の初登場は2曲。B'zがカバーした「Get Wild」が7位。先週15日にTM NETWORKデビュー40周年記念アルバムに収録されている曲で、オリジナルは1987年4月にアニメ「シティーハンター」(1期)のエンディング曲としてリリースされている。6位にはアニメ「鬼滅の刃 柱修行編」主題歌「夢幻」がダウンロードで1位となり、6位に入った。

 上位は4位まで変動無し。この中でポイントを伸ばしたのは2位の「ライラック」で、ギター若井滉斗による「弾いてみた」動画も影響しているようだ。そして「Bling-Bang-Bang-Born」は今週も首位をキープし12週連続1位。ただ主要チャートのデイリーランキングではところどころ首位から陥落しているところも見られており、リカレント・ルール適用前に首位交代が起こるのかが見どころになりそうだ。

 

 では今週の結果を受けて、アーティストランキング上位40組はこのようになりました(ポイントの増減に伴う順位変動に対し赤文字青文字表記)。

Artist Ranking 24-25

 トップ10ではOmoinotakeがトップ10入り。「幾億光年」のオーディオストリーミングでのトップ10入りは現在14週(ビデオストリーミングは9週)で、まだしばらくはポイントを稼げる状態。7位のSnow Manにどれだけ近づけるでしょうか。

 

 その他、現在の曲別暫定年間ランキングはこちらからご覧ください。

amalabel.g3.xrea.com

 以上が第25節の結果でした。上半期最終週となる(?)来週のチャートもぜひご覧ください。

Green Hill Music Chart 2024 第24節結果

 このチャートで用いているBillboard Japanのダウンロードオーディオストリーミングビデオストリーミングの要素を含め、Billboard Japan全体の仕様解説も掲載しておりますので、併せてご覧いただければと思います。

amano-yuuki.hatenablog.jp

 

 それでは第24節の結果です。まずは11位以下を発表します。

2024 Round 24 Result

 今週は23曲がポイントを獲得。「GOAT」は2週ぶり、「ダンスホール」は第17節以来7週ぶりのポイント獲得。「タイムパラドックス」は2ランクアップだが、獲得ポイントは前節と変わりない。

 初登場は3曲。ゲーム「崩壊:スターレイル」より「銀河を独り揺蕩う」が13位。ドラマ「9ボーダー」主題歌「Romantic」が15位。HYBE LABELS JAPANからデビューした&TEAMの「五月雨 (Samidare)」が16位に入った。

 

 つづきましてトップ10の発表です。

2024 Round 24 Top 10

 ビデオストリーミングから「メズマライザー」と「ビビデバ」が順位を上げトップ10入り。なおここでも「記憶の旅人」は2ランクアップだが前節からポイントは落としており、同じく2ランクアップの「Magnetic」は前節と同じポイントとなっている

 トップ10の初登場は9位にチャーリー・プースとのコラボ曲となった「Lose My Breath」の1曲のみとなっている。

 上位争いは「さよーならまたいつか!」がダウンロードとオーディオストリーミングで順位を上げ2位「ライラック」と同点の3位に浮上。しかし今週も「Bling-Bang-Bang-Born」は盤石。ダウンロードで首位に立ち5週ぶり4度目のパーフェクト達成。連勝はこれで11となった。また今週のポイントで年間獲得ポイントが400を突破、年間暫定でも今週10位の「晩餐歌」を上回り1位となった。

 

 では今週の結果を受けて、アーティストランキング上位40組はこのようになりました(ポイントの増減に伴う順位変動に対し赤文字青文字表記)。

Artist Ranking 24-24

 トップ10ではtuki.が5位に浮上。ここから先はどこまでポイントを伸ばせるかになるだろう。今季も上半期は残り2週。上位は昨年の主役たちから変貌しているが、上半期を終えてどのような様相になるのか。

 

 

 その他、現在の曲別暫定年間ランキングはこちらからご覧ください。

amalabel.g3.xrea.com

 以上が第24節の結果でした。来週のチャートもぜひご覧ください。

Green Hill Music Chart 2024 第23節結果

 このチャートで用いているBillboard Japanのダウンロードオーディオストリーミングビデオストリーミングの要素を含め、Billboard Japan全体の仕様解説も掲載しておりますので、併せてご覧いただければと思います。

amano-yuuki.hatenablog.jp

 

 それでは第23節の結果です。まずは11位以下を発表します。

2024 Round 23 Result

 今週は19曲がポイントを獲得。記録を見る限り週間のポイント獲得曲数が20を下回るのはおそらく初で、それだけ複数要素でポイントを獲得している曲が多い結果となっている。「相思相愛」はダウンロード、オーディオストリーミングで順位を伸ばし2ランクアップ。また「ケセラセラ」がオーディオストリーミングでトップ10に再突入しチャート再登場となった。

 初登場は3曲。ドラマ「アンメット ある脳外科医の日記」主題歌「会いに行くのに」が14位。今週のニコニコ VOCALOID SONGSで首位を獲得した「メズマライザー」がビデオストリーミング(YouTube)でも進出し15位。2ndミニアルバム「IVE SWITCH」から「HEYA」が19位に入った。

 

 つづきましてトップ10の発表です。

2024 Round 23 Top 10

 トップ10の初登場も3曲。映画「青春18×2 君へと続く道」主題歌「記憶の旅人」が8位。ベストアルバム「17 IS RIGHT HERE」のタイトル曲「MAESTRO」が7位。ただしオーディオストリーミングはLINE MUSICのキャンペーン効果が大きいようだ。SUPER EIGHT、WEST.、なにわ男子による混合ユニットKAMIGATA BOYZによる「無責任でええじゃないかLOVE」がダウンロードで1位となり5位に入った。

 首位争いは「幾億光年」がポイント維持ながら3位に浮上。「ライラック」がポイントを伸ばし2位に上がったものの、「Bling-Bang-Bang-Born」も前節からポイントを伸ばし、これで二桁となる10週連続1位となった。

 

【チャートが現行仕様になった2020年度以降に10週以上の1位獲得曲】

「I LOVE…」Official髭男dism (14週)14週連続

「炎」LiSA(17週)17週連続

「残響散歌」Aimer(12週)3週連続+9週連続

「ミックスナッツ」Official髭男dism(10週)3週連続+7週連続

「新時代」Ado(10週)10週連続

「Subtitle」Official髭男dism(14週)11週連続

「アイドル」YOASOBI(20週)20週連続

「唱」Ado(17週)17週連続

「Bling-Bang-Bang-Born」Creepy Nuts(10週)10週連続 ※今週時点

 

 では今週の結果を受けて、アーティストランキング上位40組はこのようになりました(ポイントの増減に伴う順位変動に対し赤文字青文字表記)。

Artist Ranking 24-22

※ 今週から来週抹消される昨年分のポイントも掲載します。

 トップ10ではCreepy Nutsが2つ順位を上げ4位に浮上。ただ3位ミセスまではポイント差があり、「Bling-Bang-Bang-Born」のリカレント・ルール適用(ダウンロード、オーディオストリーミング)が早ければ5週間後に迫っているだけに、自力で追いつくのは難しいものと見られます。

 今週は珍しくランクアップだけとなったが、下位では星街すいせいがしぐれういを上回り36位に。ボカロのみならずVTuberもチャートの常連となっていくのか。

 

 その他、現在の曲別暫定年間ランキングはこちらからご覧ください。

amalabel.g3.xrea.com

 以上が第23節の結果でした。来週のチャートもぜひご覧ください。